そろばんは誰が発明したのですか?

                                令和3年10月

よくある質問の回答

 そろばんは誰が発明したのですか?

 

4択のクイズにしましょう。正解は何番でしょう。

  1. アメリカ人のエジソンです。エジソンは生涯にわたっていろいろなものを発明しました。最近の研究によると、エジソンが発明したものの中にそろばんの原理(仕組み)に似たものがあったので、そろばんはエジソンが発明したものと言っていいでしょう。
  2. 昔中国に「素 呂盤」(ソ ロバン)という人がいました。その人が苦労して、そろばんを発明したので、その人の名誉と栄誉を称えて「そろばん」という名前にしました。
  3. 実はアメリカ人や中国人ではなくて日本人なのです。豊臣秀吉です。その当時、田んぼや畑の面積を測るために(検地) 計算の道具が必要になりました。それで秀吉は、部下に命じて作らせたのがそろばんでした。
  4. 分からない。

 

正解は何番か 次の文章で分かりますね。

世の中にある品物や道具の中で、これは誰が最初に考えたとか作ったとかのように個人の名前が分かっているものはほとんどありません。

生活をしている間に、このようなものがあったら便利だなとその当時の人々が考え、工夫していろいろな品物や道具が出来ました。

 

分かっていることはあります。

今から4千年ほど前にメソポタミアという地方に、砂の上に線を引いて小石を並べて計算をしていたのがそろばんの始まりです。

「砂そろばん」とか「線そろばん」とか言われます。

やがてシルクロードを通って中国に伝わり、石を木の玉にして、真ん中に穴をあけて串刺しにしました。

そのかたちのそろばんが室町時代の末頃、日本に伝わりました。

 

石のことをラテン語でカルクリと言います。

それが英語のカリキュレーション(計算をする)という言葉になりました。

医学用語でも身体の中の石のことを○○カルクリと言います。

 

また「タータンチェック」というのは格子縞の織物などのことですが、チェックという言葉は計算に関係があります。

マス目におはじきのようなものを置いて計算した名残りから、「小切手」の意味やホテルを引き払うときの言葉のように、それらの言葉は計算に関係したことに由来します。

 

                        育英そろばん教室  谷 賢治

「ごめいさん」の語源

                                令和3年9月

よくある質問の回答

  「ごめいさん」の語源

 

保護者の方の中には、ご自身が幼少の頃、そろばん教室やそろばん塾などでそろばんを習った方もおられると思います。

そんなとき、教室の中で「ごめいさん」あるいは「ごぅめい」という言葉を耳にされた方がおられるかもしれません。

この言葉は、「願いましては」と同じように、そろばん塾などでしか聞かれない独特の言葉です。

漢字で書けば「御名算」とか「合明算」かもしれません。

その言葉の意味は、「今のあなたの計算は正しいです」という賞賛の意味です。

かつて企業でそろばんが主役だった頃、一日の業務が終わった最後に現金と帳簿が見事に合致した時にも使われました。

日本銀行では「ピッシャリー」ということばが日常化していたとのことです。

今でも「ドンピシャ」などの言葉があります。

 

 

当育英そろばん教室の子どもたちは、教室に入ると先生から指示されることもなく、すぐにそろばんの上に1から9までの数を横に並べ、その数を何回も足していきます。

1億2345万6789です。

いわば「指ならし」です。

これを9回足すと1がきれいに並んで 1,111,111,101 となります。

そろばんの級がまだ低い生徒は12,345や12などレベルに合わせた数を何回も足します。

この計算を江戸時代から「地算 (じざん)」と言いました。

広辞苑には「素地になる計算」と出ています。

その類語として、地唄、地酒、地場産業地侍・・・などの言葉があります。

 

           育英そろばん教室 珠算教育研究所元主任研究員 谷 賢治

ブログを開設しました

初めまして。

育英そろばん教室です。

 

これから授業内容、教室の様子、そろばん学習に関してなど発信していきたいと思っています。

 

育英そろばん教室の生徒の保護者の方はもちろん、

入塾を考えていらっしゃる方の塾選びの参考になりましたら幸いです。

 

これからどうぞよろしくお願いします!

 

指導者Y